「幻の大仏鉄道 遺構巡り」

2021年7月10日(土)9名参加

今から約百年前、明治31年に開通した京都「加茂駅」から現在のJR奈良駅の北の「大仏駅」までをつなぐ通称「大仏鉄道」の廃線に沿って、約12kmを歩きました。線路の跡などは残っていませんが所々に線路の下を通る隧道は当時のまま残っていて、百年前におもちゃのような蒸気機関車が走っていた雰囲気は感じられました。途中の城山台公園でゆっくりと昼食をとり、午後4時39分の加茂駅発の電車で帰りました。色々な感想はありますが、揃っての感想は「暑かった」。(本来は5月に実施予定でしたがコロナ緊急事態宣言で延期となっていた行事でした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です